河口湖ハーブフェスティバル2019見頃や開花状況は?雨天時は?

スポンサーリンク

今年も河口湖ハーブフェスティバルが開催されますね!

河口湖ハーブフェスティバルといえば、河口湖の初夏の代名詞ともいえるイベントです。

日本の象徴とも言える富士山を背景に、見渡す限り一面に広がる紫色のラベンダーがとても美しく、インスタ映えのスポットとしてもおすすめです。

その美しい景色を求め、毎年たくさんの観光客が訪れ、最近では海外の観光客も増えてきているようです。

そこで今回は「河口湖ハーブフェスティバル2019見頃や開花状況は?雨天時は?」というタイトルで、河口湖ハーブフェスティバルに関する情報を紹介していきたいと思います。

河口湖ハーブフェスティバルとは?

山梨県の富士山の近くに存在する河口湖では、毎年河口湖ハーブフェスティバルというイベントを開催しています。

このイベントは河口湖畔の八木崎公園大石公園を中心に開催されるイベントで、まるで紫色のラベンダーを敷き詰めたような、見渡す限り一面に広がるラベンダー畑と、背景に映る日本の象徴の富士山が作り上げるとても美しい絶景を鑑賞することができます。

八木崎公園の会場では、ハーブ苗やハーブ関連商品、地元の名産品などを販売するテントがたくさん並び、連日多くの観光客でにぎわっています。

また、ステージでは各種イベントが催されており、ハーブフェスティバルを盛り上げます。

そしてもう一つの大石公園の会場では、上の写真のような富士山と紫色のラベンダーの美しい絶景を楽しむことができます。

富士山を背景にラベンダー畑を撮影すると、とても美しい景色の写真が撮れてインスタ映えすること間違いなしなのでおすすめですよ。

河口湖ハーブフェスティバル2019の日程や時間は?

河口湖ハーブフェスティバルの会場ごとの開催概要を紹介していきます。

大石会場

開催日程:2019年6月14日(金)~7月7日(日)

開催時間:9:00~17:00

八木崎会場

開催日程:2019年6月14日(金)~7月15日(月)

開催時間:9:00~18:00

河口湖ハーブフェスティバル2019の見頃や開花状況は?

 

河口湖畔では、例年6月下旬~7月にかけてラベンダー畑が見頃をむかえるようなので、今年も6月下旬から7月上旬にかけての期間がラベンダー畑の見頃だと予想できます!

また、ラベンダー畑以外にもカモミールなどのハーブ類、ベゴニア、ペチュニア、キンギョソウなどの沢山の花々が咲き誇っていています。

これだけ沢山の種類の花々が咲き誇っていたら、お花畑好きな人には夢のような空間であることはまちがいないですよね。

 

河口湖ハーブフェスティバル2019は雨天時はどうなる?

河口湖ハーブフェスティバルでは雨天時は土日に行われるイベントは残念ながら中止になるようです。

ですが、ラベンダー畑などのお花畑は雨天時でも通常通り見れるようです。

しかし、天気の悪い日に見るお花畑より、天気がいい日に見るお花畑のほうが美しいのは間違いないので、できるだけ天気がいい日に行ったほうがハーブフェスティバルを楽しめると思います。

梅雨の時期は天気が心配なことが多いので、できるだけ6月下旬以降の梅雨明けの時期に行くと、丁度ラベンダー畑が見頃をむかえる時期と重なるのでおすすめです。

 

河口湖ハーブフェスティバル2019のアクセスや駐車場は?

河口湖ハーブフェスティバルの各会場のアクセス方法や利用できる駐車場について紹介していきます。

大石公園

【住所】〒401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585−2

【アクセス】河口湖駅より河口湖周遊バスに乗り、終点の河口湖自然生活館で下車

八木崎公園

【住所】〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立897番地の1

【アクセス】河口湖駅より西湖周遊バスに乗り、八木崎公園で下車

 

駐車場

イベント期間中は八木崎公園周辺駐車場と大石公園グラウンドを無料で開放しているようなので、そちらに駐車されることをおすすめします。

 

まとめ

今回は「河口湖ハーブフェスティバル2019見頃や開花状況は?雨天時は?」といったタイトルで、河口湖ハーブフェスティバルに関する情報を紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

調べてみた結果河口湖ハーブフェスティバルのラベンダー畑は6月下旬から7月上旬にかけての期間が最も見頃だと分かりましたね。

ラベンダー畑と富士山の絶景を生で見て感動を味わいたい方や、インスタ映えする写真を撮りたいって方は、是非河口湖ハーブフェスティバルに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です