熱田祭り2019花火が見れる場所や穴場スポットは?雨天時は中止?

スポンサーリンク

今年も名古屋の熱田神宮で熱田祭りが開催されますね。

 

熱田祭りのメインといえばやはり打ち上げ花火という人が多いのではないでしょうか。

 

打ち上げ花火となれば夏の訪れを感じさせるイベントですよね。

 

花火以外にも熱田神宮の行事や屋台を楽しみにしている方は多いと思います。

 

そこで今回は「熱田祭り2019花火が見れる場所や穴場スポットは?雨天時は中止?」というタイトルで、2019年の熱田祭りに関する情報を紹介していきます。

熱田祭りとは?

 

熱田神宮では毎年熱田まつりというお祭りを開催しています。

 

このお祭りは熱田神宮における最も重要で壮厳な祭りなのだそうです。

 

主に花火、武道、献茶、献花などの様々な奉納行事が催され、約25万人もの地元の人が訪れる人気のお祭りです。

 

熱田祭りで催される様々な行事の中でも特に人気の行事が打ち上げ花火で、神宮公園から約1000発もの花火が打ち上げられ、地元の人々に夏の到来を告げてくれます。

 

地元の人たちは、この熱田祭りから浴衣を着始めるならわしがあるそうです。

 

熱田祭り2019年の花火が見れる場所や穴場スポットは?

 

熱田祭りの花火は熱田神宮公園というところで打ち上げられるようです。

 

しかし、花火の打ち上げ中は熱田神宮公園内は立ち入り禁止となっています。

 

そうなると熱田神宮公園以外の場所で花火を鑑賞しなければならないので、初めて来た方はどこで見ていいか分からないですよね。

 

その場合、花火を見る定番の場所が堀川沿いです。

 

堀川沿いだと間近で迫力のある花火を楽しめますね。

 

しかし、花火を見るのは好きだけど、間近で見る花火の大きな音が苦手だったり、人混みが苦手だったりで、少し離れた場所からゆっくり花火を見たいって方もいると思います。

 

そんな方におすすめしたい穴場スポットがあります!

 

それは白鳥公園という所です。

 

ここだと、熱田神宮公園から少し離れていて、公園のスペースも広いので人混みを気にせずにゆったりと花火を楽しめるのでおすすめですよ。

 

熱田祭り2019年の花火は雨天時は中止?

 

今年の熱田祭りに行く予定で、花火を楽しみにしている人は雨天時はどうなるのか気になりますよね。

 

そこで熱田神宮の公式ホームページで調べてみると、開催日の6月5日が雨天の場合は翌日の6月6日に延期されるようです。

 

また、6月6日も雨天の場合は残念ながら花火は中止になるようです。

 

雨天等の花火打ち上げの中止及び延期は、当日の午後1時に熱田神宮のホームページ上発表されるようなので、当日の天候が気になる場合は事前にチェックしておきましょう。

 

丁度梅雨の時期が重なるので中止にならないか心配ですが、無事雨が降らないことを祈るばかりですね。

 

↓熱田神宮のホームページはこちら↓

https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/shinto/reisai.html

 

熱田祭りのアクセスと駐車場や周辺情報は?

 

熱田神宮への公共交通機関でのアクセス方法や周辺の駐車場やコンビニの情報を紹介します。

 

公共交通機関でのアクセス

名鉄【神宮前駅】徒歩3分です。

 

東海道本線【熱田駅】から徒歩10分です。

 

名城線【神宮西駅】から徒歩7分です。

 

名城線【伝馬町駅】から徒歩8分です。

 

駐車場は?

 

当日は熱田神宮周辺が全面駐車禁止となり、周辺の有料駐車場も満車の確立が高いと予想されますので、電車やバス、タクシーなどの公共交通機関を利用することをおすすめします。

 

周辺のコンビニやトイレは?

 

熱田神宮から歩いてすぐの神宮前駅周辺にコンビニが複数あり、熱田神宮内にも複数の公共トイレがあるので、急な買い物やお手洗いにも困らないので安心できそうですね。

 

まとめ

 

今回は「熱田祭り2019花火が見れる場所や穴場スポットは?雨天時は中止?」といった内容でお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか。

 

丁度梅雨の時期と重なるので、雨で中止になったりしないか心配ですが、地元の人が大勢訪れる熱田神宮の最も重要なお祭りですので、雨で中止にならずに無事に開催されることを祈るばかりです。

 

まだ6月だけどいち早く夏の季節感を感じたいあなたも、是非熱田祭りの花火大会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です